のぼり知識集 のぼり制作のポイントや注意点についてお話します。印象に残るのぼりを作る為には簡潔なキャッチとあおりの文句が重要です。

初めてでも目立つのぼりはつくれる

初心者がのぼりを考えると、どうしてもアレコレ表現を詰め込みたくなります。

しかしのぼりは、簡単明瞭であることが何より大事。

ポイントをお話ししましょう。

◇限られたスペースのキャッチコピー!

のぼりは限られた表現スペースしかなく、しかも縦長で風になびく媒体という独特の様式です。

日本独自のものとして発展してきました。

限られたスペースしかないので「訴求したい内容を極端に絞り込む」というのが第一のポイントです。

たとえば洋食店なら『新感覚!オリジナルカレー新発売!』、『激辛新作メニュー登場!』など、訴求すべき内容をワンフレーズで表現できるようにすべきです。

◇あおりコピーで客の心をつかんで入店!

次に考えるべきは“あおり文句”と言って、『この秋限定!』、『毎日先着10名様!』など、のぼりを見た客の心をあおって入店に結びつけるコピーです。

ワンフレーズのキャッチコピーとあおりのコピーができたら、あとは写真やイラストをどうするかです。

メニューの写真やイラストなら、大胆な扱いで、バックは目立つ色彩を優先しましょう。

かなり派手なのぼりでも、できあがりは想像していたほど目立ちません。

◇のぼりは風にハタメクので、目立つ代わりに文字や写真は切れ切れの状態で目に映ります。

そこまで計算しておきましょう。

のぼりをデザインしている時点では派手に思っても、実際に店頭に立ててみると、歯がゆくなるほど目立たない現実にガックリすることがあります。

訴求内容を絞って大胆にという忠告はそのためです。

単純明快な一発表現であること、それが目に留まるのぼりを制作する上での大前提です。