のぼり知識集 のぼり制作のポイントや注意点についてお話します。印象に残るのぼりを作る為には簡潔なキャッチとあおりの文句が重要です。

のぼりは必ずオリジナルでないとダメ?

のぼりを考えるとき、オリジナルに固執する人がいますが、自己満足に終わっている人が半数はいます。

“むしろサンプルを見習うべき”というお話をしましょう。

◇のぼりのセオリーを崩すのは意味のないこと。

のぼりを制作するのに、誰もがオリジナルのぼりを作っているわけではありません。

実のところのぼりは、かなり手慣れた人でないとオリジナルデザインは困難です。

こだわりや独自性が強すぎて、“のぼりのセオリー”を無視してしまうからです。

表現が個性的で理解しにくい、文字数が多くて誰も目に止めないというのが、オリジナルを自慢する人の結果です。

◇シンプルであるほど伝わりやすいという現実。

たとえシンプルで“ありがちなのぼり”でも、目立って、読みやすく・伝わりやすい表現ののぼりなら、そのほうが広告効果は高いのです。

オリジナルのぼりが絶対に良いわけではありません。

専門店に行けばいくらでもサンプルがあり、テンプレート(ひな形)を使って、素人でもプロ並みのデザインができるようになっています。

返ってそのほうが時間短縮でスッキリ仕上がります。

◇のぼりはオリジナルデザインにこだわらず、テンプレートを最大限に活用しましょう。

究極の効率化が実現できます。

テンプレートとは金型のようなものです。

素人でも最短でプロ並みののぼり制作ができるようになっています。

のぼりはオリジナルに重点があるのではなく、“伝わりやすさにポイントがある”ということを知っておいてください。

Comments are closed.

Post Navigation