のぼり知識集 のぼり制作のポイントや注意点についてお話します。印象に残るのぼりを作る為には簡潔なキャッチとあおりの文句が重要です。

失敗しないのぼり制作とは何ですか?

期間限定の中古車セールなどは、国内至る所で行なわれているので、それらも参考にできます。

どうすれば客足増加につながるのか、ポイントをお話をしましょう。

◇訴求内容は“3点セット”で効果を上げる。

訴求したい内容を3つに絞り、短く端的に表現することが、失敗しないのぼり制作の基本と言えます。

3つとは、「セールやフェアの名称」、「期限」、「特典」です。

この3点を先に決めておいて、のぼりの余白がどの程度出るのかをはじき出しましょう。

中古車のセールですが、売り場にのぼりを立てることになるので、車のイラストや車の種類などは表記する必要はありません。

◇のぼりの余白を効果的に活用する。

のぼりの余白がかなり出たなら、あおりの文句などで客の購買動機を後押ししましょう。

「早い者勝ち!」、「掘り出し特選名車!」、「在庫車あとわずか!」などです。

フェア名は、「○○○の中古車祭り開催!」など、キャッチと一体化させることでスペースを節約でき、インパクトのある表現ができます。

長いキャッチやセール名は、目立たず伝わりません。

あとは色味が勝負です。

◇のぼりの色味は単純な原色主義で明快に!赤、黄色、黒などを効果的に使います。

中間色は目立たなくなり、広告効果を半減させます。

色は使いすぎると訴求力を弱めます。

また、それぞれの色が与える印象も違ってくるので配色が重要です。

<参考サイト>http://flandre-magazine.com/2017/03/15/1041

最大でも4色までに留め、先にお話ししたように、キャッチやセール名の色使いも、その色数の中に収めます。

広い売り場なら、のぼりの本数を多くして迫力を出すことも重要です。

Comments are closed.

Post Navigation